子供のこと

【双子出産レポ】ついに出産!?経腟分娩or帝王切開!?

切迫早産の退院から2週間、自宅で安静に(今まで通り)に過ごしていました。
お腹はもうパンパンだったので、お腹の張りはありましたが、結局陣痛は起こらず・・・。
産まれませんでした。
経産婦だし、双子だし、陣痛が始まったら早いから、と言われていてかなり構えていましたが・・・。
(無事?)出産の為の入院の日になりました😅

※ちなみに、今回の入院で切迫入院のときから仲良かった妊婦さんたちと再会し、毎日お茶会したりして楽しく過ごしていました❤❤

左が出産直前の私です!
右のお友達はまだ出産まで1か月以上ありました。

当初の予定

私は経腟分娩を希望していました。母体の産道を通って生まれて来てくれることを理想としていました。
理由は、産道を通ることで得られる免疫があるとかないとか・・・。
あとは、当時の私は『自然』なことを望んでいました。『自然』に陣痛が来て生まれてくる、ことが理想でした。
しかし、陣痛は来なかったので陣痛促進剤を投与する予定でした。仕方ないです。そこは納得していました。

ちなみに、産後は大部屋ではなく個室に入る事を希望していました。
大部屋で双子のお世話は大変だろうと思って😥
タイミング良く、個室が空いていたので入れました❤
大部屋とは違い、広いし自由にできてかなり快適でした🤣🤣🤣
大部屋は面会の制限(子供が入れない)もあるし、何より非常に狭かったです💦
個室だともちろん追加料金はかかる可能性もありますが、払う価値はありです!(私は保険の関係でほぼほぼ支払いナシでした!)

私は切迫で入院していたときから、産後は個室にしてくださいと希望を出していました。
なので一般の産後の妊婦さんよりも、少し優遇してくれたのかもしれませんが、他にも緊急の方がいらっしゃったらそちらが優先されると思うので、タイミングが良ければ・・・という感じですね。

双子ママは特に個室をオススメします!

入院初日(促進剤投与前日)

入院初日、明日の出産(促進剤投与)に向けて、すぐにラミナリアを入れることになりました。

ラミナリアとは?

ラミナリアとは、海藻でできている細い棒状の物です。
子宮経管に数本挿入して、膣内の水分を吸って膨張し、子宮口を広げる目的で使用します。

まず、挿入する前に内診をしてもらいました。
子宮経管の長さや、子宮口の柔らかさを診てもらったのですが・・・。
ググッと先生の指が入ってくる感覚があったかと思うと、今までに感じたことのない激痛💥💥‼
「エッ!???💦💦💦」
私、基本的に痛みに強い方だと自負しています(笑)なので、ある程度の痛みには耐えられます。
内診も、苦手な方も多いと思いますが、長男の出産したときから特に痛みを感じたことはありませんでした。
が、その日は 「エッ!???💦💦💦」 と思ってしまうほど、痛かったのです‼
その後、ラミナリアを何本か挿れたようですが、何本入れられたか、とかどんなものを入れられたかはカーテンの向こう側なのでわからず💦💦
とにかく内診(子宮口周辺を触ったこと)が痛すぎて衝撃すぎてショック状態でした(笑)
とりあえず、ラミナリアは完了しました🙄
先生の見解では今のところまだ生まれそうにないとのことでした。

入院2日目(促進剤1日目)

次の日の朝、ラミナリアを抜き、子宮口の様子を見るためにまず内診をしてもらったのですが・・・。
昨日の先生+ベテランっぽい先生も来られていました。その先生方が代わる代わる指を入れてきたのです‼

大の大人が、内診が痛すぎて号泣。

もうね、ほんっとーーーーーに今まで感じたことのない痛みでした‼‼
私、長男の出産のときも泣かなかったんですよ。
というか、そもそも痛くて泣いた記憶なんて無いですよ。
でも、これは涙が止まらなくなったくらい、痛くて痛くて痛かったんです‼
よくよく聞くと(よくわかっていませんが)子宮口が遠い位置にあり、降りて来ていないと言われました。
遠い位置にある子宮口をなんっとか触ろうと、指を限界まで突っ込んで子宮口を引っ張ろうとしていたんです💦💦💦(笑)
その子宮口を引っ張ってこようとしていたのと、手(指)をぐいぐいグイグイ穴に押し込んできていたので、ほんとに激痛‼
「もうやめてくださいーー😭💦💦」と遠慮ながらに懇願し、横についてくれていた助産師さんも見かねて「もうやめてあげてください💦」と言って下さいました💦

そして放心状態になった私🥶
本当に今までで一番の衝撃でした(笑)
陣痛よりも嫌さ加減では上回りました🤣💥

フラフラになりながらベットに横たわり、促進剤の点滴を受け始めました😂

フラフラになりながら最後の大きいお腹を撮ってもらいました(笑)


点滴は、お腹にNSTをずっと付けている状態で、張りを見ながら少しずつ量を増やしていきました。
一日の最大量は決まっているので、最大量まで上げて、夕方まで様子を見ます。陣痛が来なければその日はいったん中止して、次の日に持ち越しとなります。

帰ってきたよ、点滴ちゃん

この日は結局、陣痛らしき強い波はあるものの、それは継続しなかったです。
痛いときは、長男の陣痛の痛みを思い出すほど痛くなりましたが・・・落ち着いているときは途中で寝てしまうほどでした😥
お腹の中で赤ちゃんが良く動くので、モニターから外れてしまい、何度も何度も付け直しするのが地味にツラかったです💦
そして、最後にまた恐怖の内診💦
朝に散々突っ込まれて、痛みがまだ残っていました💦
我慢しましたが、やっぱり痛くて😭😭
そしてやっぱり『子宮口が 遠い』と言われました。ナンジャソリャ

また明日も内診を受けないといけないのかと思うと、次の日が嫌で嫌でたまりませんでした。
そう、出産のことよりも内診が嫌すぎたのです😂

(ちなみに昼食は食べませんでした😗お腹は不思議と減らなかったです。)

入院3日目(促進剤2日目)

そしてまた次の日。
この日も昨日と同じスケジュールで進みました。

また内診から・・・。
始まる前に、恥を忍んで「お願いします💦無理やりしないでください💦」と先生にお願いしました🤣
昨日ほどではありませんでしたが、やはり「いたーーーーー!!!😭😭😭」と思うくらい痛かったです💦
やはり、『子宮口が遠い』とのこと。(※出産が近いかどうかを『子宮口の硬さがどれくらいか、子宮口がどれくらい開いているか』で判断するのですが、その子宮口に触る事すらできない状態だったのです)
その遠い子宮口に触ろうとぐいーーっと指を限界まで押し込んでくるので、ほんっとに痛いんです💦

なんとか内診を終え😭助産師さんたちに慰められながら😭
昨日と同じように促進剤を始めて、徐々に量を増やしていきました。
しかし、結局前日と同じように、痛みの波はあるもののそれは継続せず、生まれそうな予感はありませんでした。

この頃、私の精神状態は限界でした😥
およそ10㎏近くあるお腹は、ほんっとーーーーーに毎日重くて重くて、身体が壊れそうでした。
このお腹を何とかしてほしいという気持ちと、下から生みたいという気持ち、この二つがごちゃごちゃになって、この日の最後看護師さんに泣きついてしまいました😂

明日をどうするのか、という話し合いをしました。
この頃、私は38週になっていました。
先生は、「明日はどちらになっても(帝王切開になっても)対応できるように準備しておきますね」と言ってくれていました。
でも私は、帝王切開で産むことををいろんな思いで躊躇していました。
もともと下から自然な形でこの子たちを産んであげたいという気持ちでこの病院に転院してきて、それなのにその思いが断念すること。
ここまでお世話してくれていた助産師さんたちに、なんだか申し訳ない気持ちがあること。
それでも自分の身体が苦しすぎて、早く楽になりたい気持ちもあること。(これが結構大きい)
そんな気持ちを泣きながら話すと、切迫早産の入院時からずっとお世話になっていた助産師さんが優しく『うんうん』と聞いてくれました。
『下から産んであげたいっていうこはるさんの気持ちもすごくわかるよ。けど一番大事なのは、こはるさんと赤ちゃんが無事に出産を終えることやからね。それならどっちだっていいんだよ。こはるさんはここまでほんとによく頑張ったよ。』

妊婦は『頑張ってるね』と言う言葉に弱いです😭😭😭(笑)かなり泣きました(笑)
この助産師さんとお話しして、明日のお昼過ぎまでに陣痛が来なければ、帝王切開で出産することに決めました。

入院4日目(促進剤3日目)

促進剤3日目の日がやってきました。
三度目の正直です😂
この日、促進剤をしても陣痛が来なければ、帝王切開での出産になります。
朝ごはんもしっかり食べて、他のお部屋に入院されている同じ双子の妊婦さんに話を聞いてもらって、気合いを入れなおして挑みました!
なんとなく、今日は張りが強く、お産が進みそうなきがしてきた・・・!果たして経産婦の勘は当たるでしょうか⁉

大変長くなってしまったので、今日はここまで・・・。
次回、ついに出産です!!

つづく。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます😊
明日もお待ちしています❤ぜひ見に来てください。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


育児・双子(二卵性双生児)ランキング

育児・3人兄弟/姉妹ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA