子供のこと

長男の肌荒れ事情、その①~乳児湿疹~

『乳児湿疹』ってご存じですか?
赤ちゃんを出産された経験のある方は一度は聞いたことあるはず。
でも自分が赤ちゃんを産むまで聞いたことない言葉でした。
今回はこの『乳児湿疹』に向き合ったお話しをしていきたいと思います。

『乳児湿疹』とは

生後2週間~2ヶ月頃に多く見られる湿疹のこと。
顔や体、頭など全身にみられ、赤みやブツブツなどの肌トラブルが起こります。
母親からの女性ホルモンの影響によって赤ちゃんの皮脂の分泌量が増え、毛穴に皮脂が詰まることが主な原因と言われています。
赤ちゃんのお肌って、潤っていてぷるぷるのツルツルなイメージじゃないですか?
乳児湿疹の症状が出る赤ちゃんは少なくはないと言います。
そんなことは知らない私は、まさか、産まれてすぐの自分の子供にこんなことが起こるなんて思ってもみませんでした。
そして、こんなにも一人で悩まされることになるとは・・・。

始まりは生後3週間頃

ミルクも母乳も問題なく飲んで、機嫌よく過ごしていたある日、長男の顔の一部がカサカサして赤くなっていることに気づきました。
その赤みはだんだん範囲が広がっていき、ブツブツとニキビのようなものも増えていきました。
そこで初めて、私はネットで調べて『乳児湿疹』について知るのです。
多くの赤ちゃんが起こる症状であること。
母体のホルモンに影響されているということ。
一時的なものなので2~3か月経つと自然と良くなっていくということ。
沐浴のときにしっかりと泡で洗った後は保湿をすること、などが書いてありました。

産院では、産まれたばかりの赤ちゃんは特に保湿は必要ない、と言われていたので保湿クリームなどは準備していませんでした。
沐浴の際も、スキナベーブ(入浴剤のようなもの)を入れてガーゼで拭くだけだったので、ベビーソープも使っていませんでした。
1か月検診の際に産院で相談しましたが、「あ~なる子いるけどね、ほっておいたら治るから」というような返答で特にできることはありませんでした。


ブツブツはどんどん増えていっていました・・・思春期の子のニキビ顔みたいに。
とくにかゆがったりしてはいませんでしたが、とにかく見た目が痛々しく思ってしまったのです。
『かわいそう』と、、、。
どんどんひどくなる症状に、何とかしてあげたい💦という気持ちが大きくなってきました。
生後1か月の頃にお宮参りも控えていました。
家族写真も予約していたので、「綺麗な顔で写真撮ってあげたいな」という思いがありました。
自分の想像していた赤ちゃんってみーんなお肌はツルツルだと思っていたのに、本当にみんなこんなことになるの??
そこで、私は出産経験のある友達何人かに連絡をして聞いてみました。
『乳児湿疹って出た?薬か何か塗った??』と。
すると「あ~確かにニキビみたいなの出たよ!でも病院行ってもらった薬塗ったらすぐ治ったよ!!」
とみんな口をそろえて言うのです。軽い感じで。
『そっか、、、病院行って薬もらえばいいのか。相談してみよう!』
そして私は生後1か月の長男を近くの小児科へ連れていくことにしたのです・・・。

つづく。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます😊
明日もお待ちしています❤ぜひ見に来てください。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


育児・双子(二卵性双生児)ランキング

育児・3人兄弟/姉妹ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA